ページトップへ戻る

ディレクターインタビュー

   
ディレクター 渡辺進一
ディレクター 安達悠
ディレクターインタビュー渡辺進一
コミュニケーション部
部長・ディレクター 渡辺進一

経歴:ソフトウェア会社→オアシス入社

自分が作ったクリエイティブの反響が分かる!

以前はタウン誌やIT関係のフリーマガジンの制作をしていました。その時も仕事にやりがいを感じていましたが、今思うと自己満足だったかなって思います。広告を掲載した結果、どれだけの反響がでたのかも知らず、作ったら終わりというスタンスでした。 オアシスに入って衝撃的だったのが、自分が作ったクリエイティブがどれだけのレスポンスにつながったのかが、つぶさに分かることです。クリエイティブの結果が数字で明確に出る、これが当たり前の環境になったことで、今では、広告の反響にこだわることはもちろん、それに必要な過程、コンセプトを考えられるディレクターになったと思います。

ディレクターインタビュー渡辺進一
「どういう風に見せれば売れるか」

ただ誌面を作るだけの部署ではないところがCMGの特長です。健康不安に悩む読者にリサーチをとったり、実際に誌面に載った広告を見て商品を購入した読者が、誌面のどの情報やワードに反応して購入に至ったのかを分析したりします。 こうした分析結果を実際の誌面に反映しつつ、読者が求める情報(需要)とクライアント広告の情報(供給)を最適にマッチすべく作っています。一言でいえば、「どういう風に見せれば売れるか」ということを試行錯誤しながら作るということです。

ディレクターインタビュー渡辺進一
クライアントに魅力ある誌面提案を行います

元気読本のディレクターとして、クライアントのところへオリエンに行き、実際商品がどういったもので、どういった人 が買っているのかという諸々の情報を伺ってきます。その時、リサーチデータとクライアントの情報をもとに、商品の魅力が引き立つ誌面を提案させて頂き、その打合せ結果をデザイナーと共有しながら誌面にしていきます。

広告効果を追い求める

作って終わりではなく、広告効果まで追い求めることができるのがオアシスで身につくスキルです。次の3つのことが考えられる、もしくはこれから考えたい人に来てほしいですね。

①作るだけでなく読者にマーケティングリサーチをかけて生の意見を聞こう
②広告効果まで自分で把握しよう
③効果がでなかったらどう改善していこう。

皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。

ディレクターインタビュー安達悠
コミュニケーション部
ディレクター 安達悠

経歴:教育サービス→オアシス入社

データに裏付けられた誌面構成

以前の仕事では10年間、自社広告(新聞折り込み・DMなど)の制作を担当していました。反応の良い時もあれば、全く電話のならない時も…。「どうすればレスポンスを上げることができるのか?」 頭の中で毎日自問自答。答えを見つけようとしても、結論は出ないままでした。オアシスに入ってまず驚いたのは、誌面制作に必要なデータの豊富さでした。読者がどんなことに困っていて、どんなことが知りたいのか? どんなワードに反応して、どんな商品を望んでいるのか? 今まで考えても、出せずにいた答えがそこにはありました。ターゲットがはっきりと見えるため、スムーズに誌面を構成することができます。結果が悪かった時も貴重なデータとなります。「何が良くなかったのか?」をしっかり検証することで、次につなげます。

休日の散歩コースが“病院”になりました

制作の業務は3カ月のサイクルで制作から発行まで行います。じっくりと時間をかけて制作したものが世に出た時は、とてもやりがいを感じます。私が担当している『元気読本』は年間480万部発行されていて、全国の病院や薬局などに置かれています。私の住んでいる近所の総合病院にも『元気読本』が並んでいます。休日に散歩がてら病院へ。実際に本を手に取る方を目にすると、これまでの疲れが癒されます。全国の読者を想像すると「月曜日からまた頑張ろう」と思います。

コミュニケーショングループ

ディレクター 安達悠
毎日の仕事に“全力”を尽くす

ディレクター、デザイナー、営業マン、『元気読本』を全国に広げる部署など、さまざまな人が力を合わせることによって『元気読本』はできあがります。私はディレクターなので営業も『元気読本』を全国に広げることもできません。でもディレクターがいい誌面を書き、結果を出せば、営業マンは次の契約を取りやすくなるかもしれません。面白い記事が書ければ、見本誌を読んだ施設が『元気読本』を設置してくれるかもしれません。「今の自分にできることを全力でやる」がモットーです。

会社とは、たくさんの“歯車”の集まりだと感じます

私は「会社」をイメージするときは「歯車」を思い浮かべます。各部署で働く1人ひとりが会社を動かす歯車。1つ1つの歯車が大きく成長し、うまくかみ合うことで会社も大きく成長していくのだと思います。歯車に例えるのは、ただ大きくなるだけではなく、周りと「かみ合う」コミュニケーションが大事だと思うからです。私はまだまだちいさな歯車ですが、早く一人前になれるよう、日々精進していきます。

  • 営業部署紹介
  • デザイン部署紹介
  • 病院部署紹介
  • 管理部署紹介