ページトップへ戻る

デザイナーインタビュー

   
デザイナー 青木
デザイナー 江藤
デザイナーインタビュー青木
コミュニケーション部 
デザイナー 青木裕幸

経歴:デザイン会社→オアシス入社

デザインはセンスや感覚だけじゃない

オアシスではデザインに関してセンスや感覚といった言葉一つで片づけないところが面白いなと思いました。また、元気読本の成り立ちを聞いてすごいアイデアだと思いましたね。こういう面白い会社で自分もデザイナーとして尽力していきたいと思い入社しました。

“売れる”誌面をデザイン

とにかく売れる誌面ができるよう心がけています。リサーチ結果をどうデザインに反映させるかを常に考え、ディレクターと目標を共有し、話し合いしながら誌面制作を行っています。一つ広告を作るとその答えがレスポンスやリサーチ結果で明確にでるため、自分のデザインの仮説が合っているか否かが分かり、とても緊張感があって面白いです。

デザイナーインタビュー青木
デザイン分析を面白く感じてほしい

誌面に意思をこめて制作できる方と仕事がしたいです。普通のデザイン会社では行われていないデザイン分析をオアシスではデザイナーが主体となって行っています。そこに面白みを感じてくれる方だとさらにいいですね。オアシスの考えに賛同して頂け、なおかつ目標を持ち頑張ろうという意思がある人には面白い会社だと思います。

受身ではない環境を目指して

オアシスの社員はみんな良くも悪くも真剣です。ただその中で、デザイナーは現状どちらかといえば受身の姿勢だと思います。ガツガツまではいきませんが、より意見交換できるようなチーム環境にしたいですね。

デザイナーインタビュー江藤
コミュニケーション部 
デザイナー 江藤修

経歴:印刷会社→オアシス入社

自社価値をあげていくビジネスに魅力

前職では印刷会社でデザイナーとして勤めてきました。印刷会社だったので受注から納品まで一貫して行っていましたね。ただ、会社としてとにかく受注数を増やして売上をあげるスタンスだったのですが、もっと自社価値をあげていく仕事がしたいと思うようになりました。そんな折にオアシスと出会って、自社媒体を持ちながらそれに特化した健康分野の販促を行う業態にとても興味をもち入社いたしました。

読むターゲットにウケるようなデザインを制作

特化した健康分野の表現になるので、それをどう分かりやすくターゲットに見せていくかというのが課題であり、同時にやりがいでもあります。今まで制作していたチラシなどのデザインはターゲットに特化しておらず、100万部、200万部ととにかく多くの人にリーチするためのデザインでしたが、オアシスでは読むターゲットを考えてその人達にウケるようなデザインを考えて作っていきます。

デザイナーインタビュー江藤
集中できる仕事の環境

2013年3月に新オフィスに引越しして、格段に仕事がやりやすくなりました。前のオフィスの時にはディレクターとも距離が近かったのですが、距離が近いため集中したい時にできない弊害もありました。そういうノイズが現在の環境は少なく、とても仕事がやりやすい環境だと思います。

成長段階のオアシス

オアシスの良いところは広告のレスポンスという数値が明確な目標であり、皆でその目標を共有できている部分ですね。やることが明確なので、社内でもぶれずにやっているところがすごいです。逆にオアシスの悪いところは、まだまだ成長段階というところです。組織や仕事の仕組み作りに関して、まだまだ試行錯誤を行っていますね。そういう環境ですので、色々とチャンスもあるとは思います。

  • 営業部署紹介
  • 編集部署紹介
  • 病院部署紹介
  • 管理部署紹介