ページトップへ戻る

デザイナーインタビュー

   
デザイナー 青木
デザイナー 石塚
デザイナーインタビュー青木
コミュニケーション部 
Webデザイナー 青木裕幸

経歴:デザイン会社→オアシス入社

デザインはセンスや感覚だけじゃない

オアシスではデザインに関してセンスや感覚といった言葉一つで片づけないところが面白いなと思いました。また、元気読本の成り立ちを聞いてすごいアイデアだと思いましたね。こういう面白い会社で自分もデザイナーとして尽力していきたいと思い入社しました。

誌面で培った経験をWebへ展開

1つの誌面に対して、調べる→形にするを繰返し「視覚で伝える」ことを追究してきました。これまでの誌面作成で培ったノウハウをWebの分野へ展開していくのが、新しいミッションです。今までも、誌面広告を作るとその答えがレスポンスやリサーチ結果で明確になり、自分のデザインの仮説が合っているか否かが分かり、それをやりがいに感じていました。Webではフィードバックされる情報が今まで以上に詳細になり、検証スピードが格段に上がります。とても緊張感がありますが、そこに楽しさも感じております。

デザイナーインタビュー青木
デザインを面白く感じてほしい

デザインに意思をこめて制作できる方と仕事がしたいです。普通のデザイン会社では行われていないデザイン分析を、オアシスではデザイナーが主体となって行っています。そこに面白みを感じてくれる方だとさらにいいですね。オアシスの考えに賛同して頂け、なおかつ目標を持ち頑張ろうという意思がある人には面白い会社だと思います。

一緒に働きたい仲間

新しいことへのチャレンジを惜しまず、成長意欲を持った方にオアシスは最善の環境だと思います。会社の成長と共に自らも成長し続ける気持ちのある方と一緒に働きたいと思っております。

デザイナーインタビュー石塚
コミュニケーション部 
デザイナー 石塚昌伸

経歴:デザイン制作会社→オアシス入社

オアシス入社のきっかけ

前職はデザイン制作会社でチラシの作成やエディトリアルデザインに携わっていました。毎日が忙しくて、とにかく『制作スピード』だけが求められる日々…。自分のスキルやデザイナーとしての価値に将来的な不安を覚えてしまう事もありました。そんな折、オアシスのHPにあった『売れる広告のノウハウ』というワードにとても興味を引かれました。1つのクリエイティブをしっかりとこだわり抜く。そのレスポンスをもとに下準備を重ねて、より良いクリエイティブに繋げていく。仕事をする上でスピードはもちろん大事ですがオアシスの『質を求める』制作環境にとても魅力を感じました。

DTP→デザイナーへ転身する中で大変だったこと

オアシスではデザインにも論理性が求められます。デザイナーは特にこの能力が問われます。今までは感覚的に出来ているつもりでしたが、言葉でデザインの理屈を説明する事の難しさを知りました。何故このレイアウトなのか、なぜこの色なのか。誰もが納得する理由をきちんと説明できるように基礎知識を一から学び直しました。時間は掛かりましたがスキルアップに大きく繋がったと思います。

デザイナーインタビュー石塚
その苦労を乗り越えるためモチベーションになったこと

デザイナーに限らず『レスポンス』という目標に対して社員全員が一丸となって働いています。社内的に評価されることはもちろん嬉しいですが自分がデザイナーとして携わった広告のレスポンスが良かった時に、みんなで喜びを共有する瞬間は大きなモチベーションに繋がります。

普段、仕事をしていく上で心がけていること

客観視をする事とターゲットの立場に立つ事を重要視しています。広告は売れなければ意味がありません。決して独りよがりにならずに過去のデータや今の市場をしっかりと調べてターゲットに寄り添うようなデザインを心がけています。

近い将来の目標

蓄積された『売れる広告のノウハウ』をベースに自分もそのノウハウにエッセンスを加えたいと思っています。オアシスは成長途中の会社です。新しいアイデアが日々生まれています。デザイナーとしての個性を磨いて、今までに無いアイデアを提案をすることが今の自分の目標と課題です。

  • 営業部署紹介
  • 編集部署紹介
  • 病院部署紹介
  • 管理部署紹介